神奈川県で事業承継・空き家問題・相続手続き・登記・遺言書作成でお困りの方は中村好孝司法書士事務所へ

中村好孝司法書士事務所

お問合せ・ご相談無料ダイヤル

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30

ご相談は30分無料!

所長ブログ

TOP >  遺産分割協議書と遺言書の関係! その1 相模大野の司法書士からのアドバイス

遺産分割協議書と遺言書の関係! その1 相模大野の司法書士からのアドバイス

2017 / 05 / 16 / 火


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください

 

 

 

遺言書は、自分が亡くなった後に、このように財産を分配して欲しいという、相続人へのメッセージとなります。

 

よって、相続が発生した場合で遺言があるとき、まずは遺言の内容に基づき、相続手続きを行うことを優先することとなります。

 

ところが、遺言書の内容を確認したところ、「このままの分配では相続税をたくさん納付しなければならない」「相続人間でお互いにもらう財産を交換したい」「相続人でない第三者へ遺贈されている内容なので変更したい」「自筆証書の遺言の要件を満たしておらず無効」・・・・の事情があって、遺言での手続きをしたくないと思っている場合はどうしたらいいでしょうか?

 

 

・・・・・・続きは、明日にさせていただきます。

 


 

 

 

 

 


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください
Pocket
Facebook にシェア


事業承継・相続・登記全般相談 30 分 無料 神奈川全域相談可

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30
メール無料相談はここをクリック 24時間受付