神奈川県で事業承継・空き家問題・相続手続き・登記・遺言書作成でお困りの方は中村好孝司法書士事務所へ

中村好孝司法書士事務所

お問合せ・ご相談無料ダイヤル

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30

ご相談は30分無料!

所長ブログ

TOP >  愛称が決まりました・・・!     相模大野の司法書士からのアドバイス

愛称が決まりました・・・!     相模大野の司法書士からのアドバイス

2018 / 12 / 01 / 土


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください

 

 

 

終活の一環です・・・

 

将来のもしものときに備えて、自分が望む医療やケアについて、ご家族などと共有しておくことを、アドバンス・ケア・プランニング(ACP)と呼んでいます。

 

厚生労働省の資料では、命の危険が迫った状態になると、「約70%」の方が、医療やケアなどについて、自分で決めたり望みを人に伝えたりすることができなくなるそうです。

 

よって、もしもに備え、前もって話し合いをご家族などの信頼できる人としておけば、自分で判断が出来なくなってしまった状態になったとしても、ご家族の方が代わりに決断する際の負担が軽くなります。

 

以前、友人からご両親の延命治療を続けるべきかどうかの相談を受けた際、ご家族の計り知れない心の負担を感じたことがあります。どちらを選択しても、ご本人の意思確認が出来ない以上、正解がわからないわけですので、やはりこういった話し合いを事前にご家族と共有しておくことは大事だとつくづく感じます。

 

なお、このACPと呼ばれる取り組みについて、昨日、愛称が決定しました。

 

その名も「人生会議

 

また、11月30日を「いい看取り」というゴロに合わせ、「人生会議の日」とし、自分の将来における医療やケアについて考える日になることも、合わせて決定されました。

 

どのようなことを考えたり話し合ったりしたらいいかわからない・・・という方は、厚生労働省のHPにACPに関するパンフレットがありましたので、そちらを参考にしてみてください。

 

【ACPのパンフレット】

 


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください
Pocket
Facebook にシェア


事業承継・相続・登記全般相談 30 分 無料 神奈川全域相談可

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30
メール無料相談はここをクリック 24時間受付