神奈川県で事業承継・空き家問題・相続手続き・登記・遺言書作成でお困りの方は中村好孝司法書士事務所へ

中村好孝司法書士事務所

お問合せ・ご相談無料ダイヤル

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30

ご相談は30分無料!

所長ブログ

TOP >  バトンを渡す相手・・・!      相模大野の司法書士からのアドバイス

バトンを渡す相手・・・!      相模大野の司法書士からのアドバイス

2018 / 04 / 10 / 火


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください

 

 

 

社長の終活・・・・

 

今日は、ある社長の事業承継や終活に関するご相談に対応させていただきました。

 

ご自身が所有している財産の処分に加え、経営してきた会社を誰に引き継ぐのかなど、いわゆる「社長の終活」をお手伝いさせていただいております。

 

長年ご自身で経営してきた会社を誰かに引き継ぐということは一筋縄ではいきません。ましてや、親族以外の第三者へ承継を検討している場合はなおさらです。

 

 

また、社長が後継候補者を決めたとしても、長年関係してきた取引先の理解も得られなければ、せっかく築き上げてきたものが承継と同時にゼロとなってしまう可能性もあります。

 

特に、一代で会社を立ち上げ、ご自身がトップセールスで実務もバリバリとこなしていらっしゃっていた場合、会社のスタッフの中から後継者を探すということはかなりハードルが高くなります。

 

経営者としての考え方は、実際に経営者としての仕事を体験し、経営者としての苦労を感じることをしなければ身につくものではありません。社長が何でも出来すぎる方の場合、スタッフが経営者としての経験を積む機会が少なく、必要に迫られた時に後継者としての育成がされていないということが多々あります。

 

 

後継者からすると「私は何も知らない、何も教えてもらっていない」

社長からすると「あいつは何も出来ない、自分の時はこうだった」

 

 

というミスマッチが生じてしまいます。相手の置かれている視点から物事を考えず、自分の視点や価値観で考えてしまうと、なかなかこの溝は埋まってくれることはありません。

 

幸運にも、今日のちょっとした雑談の中から、ご親族の中で後継者候補となりそうな方がいることがわかり、社長様自身も気がつかなかった身近な候補者へ事業承継の舵取りをしていくことになりました。

 

「経営者とは?」という雑談の中から、社長が思い描いている経営者の理想像をヒアリングしていく過程の中で、社長の事業承継に対する考え方や想いが整理されてきたことで、今までは気づかなかった身内の候補者が見つかることにつながりました。

 

これから親族会議を行い、親族の中での意識の共有が出来れば、社長の財産と共に会社の経営権も承継していくこととなります。ご自身が元気なうちにこのような終活をしておかなければ、残された家族に相当の負担がかかることにもなってしまいます。

 

また、早めに後継者の育成をしておくことで、会社を継続させることにもつながります。事業承継までには最低5年から10年程度の時間がかかると言われています。

 

 

会社を経営されている方は、元気なうちに「社長の終活」を考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください
Pocket
Facebook にシェア


事業承継・相続・登記全般相談 30 分 無料 神奈川全域相談可

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30
メール無料相談はここをクリック 24時間受付