神奈川県で事業承継・空き家問題・相続手続き・登記・遺言書作成でお困りの方は中村好孝司法書士事務所へ

中村好孝司法書士事務所

お問合せ・ご相談無料ダイヤル

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30

ご相談は30分無料!

所長ブログ

TOP >  分裂しました・・・!   相模大野の司法書士からのアドバイス

分裂しました・・・!   相模大野の司法書士からのアドバイス

2017 / 08 / 02 / 水


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください

 

 

新通貨が誕生しました・・・・

 

昨日のブログで書きましたが、仮想通貨の「ビットコイン」が分裂して、「ビットコインキャッシュ」という新通貨が誕生しました。

 

今までのところ、分裂に伴ってコインが消失したなどのトラブルは起きていないようで、ひとまず安心といったところでしょうか。

 

今までビットコインのシステムを管理してきた「コア」と呼ばれる人とビットコインの取引を監視して承認する「マイナー」と呼ばれる人たちとの間で対立があったことが今回の騒動の原因だったようです。

 

マイナーは、取引の承認をすることで、報酬としてビットコインをもらうこととなっており、その業者の多くが中国にいるといわれており、今回の新通貨をつくったのも中国の業者のようです。

 

取引所の事前の案内で、ビットコインが分裂した場合でも、保有している量と同じ量の「ビットコインキャッシュ」が割り当てられるということでしたので、自分のビットコインがどうなったのか確認してみましたが、確かに同じ量のビットコインキャッシュが増えておりました。

 

ビットコインと同じ量の新通貨が付与されたことで、資産も2倍に!・・・といいたいところですが、新しいビットコインキャッシュに関しては、ビットコインの6分の1程度の価格となっておりました。

 

ただ、今回の騒動がひとまず落ち着いたということで、ビットコインの価格は前日よりだいぶ上がったため、結果として分裂前より評価が増えておりました。

 

仮想通貨の勉強のために購入したビットコインですが、自分たちの知りえないところで、取引が管理記録されているので、まだ雲をつかむような感じです。

 

やはり、この一連の騒動での価格の乱高下をみても、今の状態では実際の通貨として流通させるにはリスクが大きすぎると感じております。今後、この価格差をヘッジできる仕組みが近い将来できたときに、もっと身近なものとして利用されてくるのではと思っております。

 

ちなみに、株式も今回の仮想通貨のように、所有している株式と異なる株式を割り当てたり、所有している株式が数倍になったりすることもあります。明日は、そのことについて書いてみたいと思います。


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください
Pocket
Facebook にシェア


事業承継・相続・登記全般相談 30 分 無料 神奈川全域相談可

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30
メール無料相談はここをクリック 24時間受付