神奈川県で事業承継・空き家問題・相続手続き・登記・遺言書作成でお困りの方は中村好孝司法書士事務所へ

中村好孝司法書士事務所

お問合せ・ご相談無料ダイヤル

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30

ご相談は30分無料!

所長ブログ

TOP >  不動産情報を統合!  相模大野の司法書士からのアドバイス

不動産情報を統合!  相模大野の司法書士からのアドバイス

2017 / 06 / 14 / 水


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください

 

ばらばらのデータがひも付けされます・・・

 

空き家や空き地の所有者を把握しやすくするため、いろいろと管理が別となっている情報をデータベース化されるという記事が今日の新聞に出ておりました。

 

今まで不動産に関するデータは、

 

法務省・・・不動産登記

自治体・・・固定資産課税台帳・農地台帳・林地台帳

国交省・・・土地総合情報システム

 

に分かれて管理されておりましたが、このデータをひも付けして、空き家問題や再開発、防災などに活用していくようです。

 

「フィンテック」ならず「不動産テック」なる言葉も出ておりまして、データの一部が民間に開放もされるようです。

 

未来投資戦略のブログでも書きましたが、今後のIT化に伴って省庁の垣根もなくなり、各種情報がひも付けされて私たちの利便性も向上します。今後、マイナンバーにひも付けされるようになると、個人に関するすべての情報が収集されることにもなりますので、データの収集、保管、活用に関して安全に運用がされないと不安になりますね。

 

この情報のひも付けには、何度か今までお伝えしてきた、仮想通貨の技術である「ブロックチェーン」を活用されるようです。将来的には不動産取引に、ブロックチェーンの技術が使われて、私たちの業務の内容が変化していくと予想していたのですが、早速、この不動産情報の統合にこの技術が使われるようなので、どのように活用されていくのか見守っていきたいと思います。

 

 


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください
Pocket
Facebook にシェア


事業承継・相続・登記全般相談 30 分 無料 神奈川全域相談可

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30
メール無料相談はここをクリック 24時間受付