神奈川県で事業承継・空き家問題・相続手続き・登記・遺言書作成でお困りの方は中村好孝司法書士事務所へ

中村好孝司法書士事務所

お問合せ・ご相談無料ダイヤル

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30

ご相談は30分無料!

所長ブログ

TOP >  外務省で・・・!    相模大野の司法書士からのアドバイス

外務省で・・・!    相模大野の司法書士からのアドバイス

2019 / 06 / 12 / 水


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください

 

 

旧樺太の戸籍・・・・

 

 

戸籍を取得する場合、取得対象者の本籍地を管轄する役所で証明書を取得することになります。

 

 

しかし、ある地域の戸籍に関しては外務省が保管をしているため、外務省において証明書の発行がされる場合があります。

 

その地域とは、「旧樺太」の6つの村のものです。

 

 

旧樺太の戸籍事務は、当時のサハリンにて行われていたようですが、終戦時の混乱の中、以下の村の44冊のみがサハリンから持ち出されて外務省で保管がされており、外務省に証明書の申請を行って該当する戸籍があれば、戸籍法上の戸籍としてではなく、「旧樺太の戸籍に関する証明」として発行がされます。

 

 

  • 大泊郡知床村
  • 大泊郡富内村
  • 大泊郡遠淵村
  • 敷香郡内路村
  • 敷香郡散江村
  • 元泊郡元泊村

 

 

もちろん、終戦時以降の記録についてはこの戸籍には記載がされておりませんが、旧樺太に本籍があって相続手続きなどで戸籍が必要な場合は、この証明書を取得することで何らかの事実を証明することに役立つかもしれません。

 

 

ちなみに、残念ながら請求した申請が44冊の中になければ、その旨の回答が文書で送られてきますし、6つの村以外の旧樺太地域の証明書取得の申請がされた場合は以下の文書が一律送付されてきますので、参考まで。

 

 


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください
Pocket
Facebook にシェア


事業承継・相続・登記全般相談 30 分 無料 神奈川全域相談可

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30
メール無料相談はここをクリック 24時間受付