神奈川県で事業承継・空き家問題・相続手続き・登記・遺言書作成でお困りの方は中村好孝司法書士事務所へ

中村好孝司法書士事務所

お問合せ・ご相談無料ダイヤル

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30

ご相談は30分無料!

所長ブログ

TOP >  崖っぷち・・・?      相模大野の司法書士からのアドバイス

崖っぷち・・・?      相模大野の司法書士からのアドバイス

2018 / 08 / 14 / 火


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください

 

 

 

中間決算の数字・・・

 

本日、以前から気になっていた、ある会社の中間決算が発表されました。

【適時開示資料より引用】

 

平成30年1月から6月までの半年で、約188億円の売上がありながら、経常利益は約34億円の赤字です。会社は利益追求のために存在するものですから、そういった意味でも存在価値に赤信号が点灯している状態です。

 

この中間決算を発表した会社は、親子で経営権をめぐる騒動で一躍有名となった「大塚家具」のものです。

 

ちなみに、会長である父が退社した3年前の中間決算は以下のとおりです。

 

 

3年前は、約301億円の売上高に対し約6億円の経常利益となっており、この時から現在にかけて、売上も収益も極端に悪化してしまったことがわかります。

 

その影響が、この3年間で会社で保有している現金及び預金の額に表れています。

 

平成27年6月末時点の貸借対照表によると・・・・

 

 

現金及び預金が約120億円もストックされている状態です。これが、本日の中間決算でどうなったかといいますと・・・

 

 

平成30年6月末時点で約22億円、つまり3年の間で会社から現金及び預金が「約100億円」近く流出したことになります。

 

 

このような状況から、今回の中間決算では、企業が危険な状態にあるというサインである「継続企業の前提に関する注記」が下記のように記載されることになってしまいました。

 

この大塚家具のお家騒動ですが、今のところ勝者なき戦いとなってしまった感がしますね・・・。果たして救世主は現れるのでしょうか?


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください
Pocket
Facebook にシェア


事業承継・相続・登記全般相談 30 分 無料 神奈川全域相談可

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30
メール無料相談はここをクリック 24時間受付