神奈川県で事業承継・空き家問題・相続手続き・登記・遺言書作成でお困りの方は中村好孝司法書士事務所へ

中村好孝司法書士事務所

お問合せ・ご相談無料ダイヤル

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30

ご相談は30分無料!

所長ブログ

TOP >  現金の落とし物・・・!?   相模大野の司法書士からのアドバイス

現金の落とし物・・・!?   相模大野の司法書士からのアドバイス

2019 / 04 / 28 / 日


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください

 

 

増えている原因は・・・・?

 

 

警視庁のデータでは、年間に東京都内で拾われる現金の額は、なんと38億円を超えるようです!

 

 

【警視庁HPデータより引用】

 

 

 

単純に道端で拾ったお金の合計が38億円になるとはとても思えません・・・。

 

 

時々、ゴミ処理場から〇〇〇万円もの札束が出てきたなどのニュースが報道されますが、現金を自宅で保管していたもののそれを家族に知らせることなくお亡くなりになられ、建物を解体した時にゴミと一緒に混ざって見つかるといったケースが増えているからなのかもしれません。

 

 

私も空き家の中で相続人と一緒に財産調査をさせていただいた時に、引き出しから現金が出てきたことに遭遇したことがあります。高齢者の方の中には、タンス預金や自宅の金庫でお金を保管している方が多いと思いますので、自宅の中には貴重品がないと思って建物解体を業者に依頼した後い、廃棄物と一緒に現金がゴミ処理場で見つかることも珍しくないのかもしれませんね。

 

 

また、よく聞くのが、認知症になってお金をどこにしまったなかを忘れてしまったり、間違えてゴミ箱に捨ててしまうといったケースもあるようです。

 

 

ご家族から、「十分なお金を親に渡しているにもかかわらず、すぐに無くなったって言われるんですよ・・・」とのご相談を受ける場合、悪質商法などの被害にあっていないようであれば、そのようなことは十分考えられます。

 

 

ということで、ご実家を解体する前には、念のため引き出しを隅々まで確認されたほうがいいかもしれませんね。


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください
Pocket
Facebook にシェア


事業承継・相続・登記全般相談 30 分 無料 神奈川全域相談可

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30
メール無料相談はここをクリック 24時間受付