神奈川県で事業承継・空き家問題・相続手続き・登記・遺言書作成でお困りの方は中村好孝司法書士事務所へ

中村好孝司法書士事務所

ご相談ダイヤル

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30

ご相談は電話かメールで!

所長ブログ

TOP >  原本だけです・・・!   相模大野の司法書士からのアドバイス

原本だけです・・・!   相模大野の司法書士からのアドバイス

2019 / 08 / 16 / 金


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください

 

 

 

正本と謄本には署名捺印がされません・・・・

 

 

 

 

この時期は、ご家族で集まる機会も増えるため、相続や遺言などのご相談をいただくことが多くなります。

 

 

本日も遺言書作成のご依頼をいただいた件で、公正証書遺言を作成するため、公証役場に行ってきました。

 

 

公正証書遺言は、「原本」「正本」「謄本」の3種類が作成されます。

 

 

原本は、遺言者、証人2名が公正証書遺言に実際に署名捺印がなされる、まさに原本でしてこの世に一つしかないオリジナルなものとなります。

 

 

この原本は遺言者に渡されることはなく、公証役場で保管されることになります。

 

 

一方、正本と謄本は遺言者に渡されます。遺言者に万一が発生した場合に、正本を利用して遺言書の内容の手続きを実現されることとなりますので、遺言執行者やご家族などが正本を、その写し的な性質のものである謄本を遺言者というように、分けて保管されている方もいっらしゃいます。

 

 

この遺言者に渡される正本と謄本には、原本のように遺言者・証人2名の署名捺印がされず、記名と印のマークだけが印刷されています。

 

 

よって、一見すると実際の署名捺印がされていないので、効力がないものではないか?と思われる方もいらっしゃいますし、実際そのような質問をよくされたりします。

 

 

しかし、正本は原本と同じ効力があるものとして扱われますので、まったく問題ありませんので、ご安心ください!

 

 


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください
Pocket
Facebook にシェア


事業承継・相続・登記全般相談可能神奈川全域相談可能

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30
メール無料相談はここをクリック 24時間受付