神奈川県で事業承継・空き家問題・相続手続き・登記・遺言書作成でお困りの方は中村好孝司法書士事務所へ

中村好孝司法書士事務所

お問合せ・ご相談無料ダイヤル

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30

ご相談は30分無料!

所長ブログ

TOP >  ご夫婦一緒に・・・!     相模大野の司法書士からのアドバイス

ご夫婦一緒に・・・!     相模大野の司法書士からのアドバイス

2018 / 11 / 19 / 月


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください

 

 

 

遺言書作成の際に気をつけたいこと・・・

 

 

本日、ご夫婦そろっての遺言書作成をご依頼いただきました。

 

共有となっているご自宅について、ご主人がお亡くなりになられた場合は奥様へ、奥様がお亡くなりになられた場合はご主人へ相続させる遺言をすることによって、配偶者の方が将来の住まいに困ることがないようにとの想いをこめて遺言書を作成することになりました。

 

特に、ご夫婦の間にお子様がいらっしゃらない場合は、お亡くなりになられた配偶者の親又は兄弟姉妹が相続人となってしまい、その方達が自分へ相続するための遺産分割協議書に押印をしてくれなければ、最悪自宅を処分することにもなりかねませんので、遺言書は最低限しておく必要があります。

 

今回はお子様がいらっしゃったのですが、あえてご自分たちの気持ちを遺言書にしたためておきたいというご要望があったため、そのお気持ちを確実に実現できるよう、公正証書遺言をおススメしました。

 

 

お客様の中には、公正証書遺言でなく費用のかからない自筆証書遺言でお互いの気持ちを残しておきたいと思っていらっしゃる方もいると思います。

 

その場合にご注意いただきたいのは、ご夫婦が一緒の書面において遺言書を作成することはできないということです。

 

民法975条において、共同遺言の禁止ということで、下記の条文が定められております。

 

第975条

遺言は、二人以上の者が同一の証書ですることができない。

 

よって、1枚の用紙に「夫が亡くなった場合は妻へ、妻が亡くなった場合は夫へ自宅を相続させる」と書いた場合は無効となり、せっかくの想いが台無しになってしまいます。

 

この共同遺言の禁止はあくまで、同じ紙に二人が一緒に遺言をすることが禁止されているだけであって、夫婦が同時期に別々の用紙で遺言をすることが禁止されているわけではありませんでお間違えないようお気をつけください・・・・。

 


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください
Pocket
Facebook にシェア


事業承継・相続・登記全般相談 30 分 無料 神奈川全域相談可

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30
メール無料相談はここをクリック 24時間受付