神奈川県で事業承継・空き家問題・相続手続き・登記・遺言書作成でお困りの方は中村好孝司法書士事務所へ

中村好孝司法書士事務所

ご相談ダイヤル

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30

ご相談は電話かメールで!

所長ブログ

TOP >  張りつめていたものが・・・!   相模大野の司法書士からのアドバイス

張りつめていたものが・・・!   相模大野の司法書士からのアドバイス

2019 / 07 / 20 / 土


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください

 

 

 

折れた気持ちを立て直すむずかしさ・・・・

 

 

昨日のプロ野球で、楽天の美馬投手が残念ながら完全試合を達成することができませんでした。

 

 

もし、達成していれば、1994年に巨人の槙原投手が達成して以来、25年ぶりの大記録となったのですが・・・。

 

 

完全試合とは、ノーヒットノーランよりも難しく、四球・死球・エラーなどによる走者の出塁も許されないため、9回を打者27人で終える必要があります。

 

 

美馬投手は、8回まで24人をパーフェクトに仕留め、後は9回の3人で記録達成!・・・のはずでしたが、25人目の打者に四球を与えてしまい、完全試合への記録が途絶えてしまいました。

 

 

 

もちろんご本人も記録を意識されていたわけで、この四球によって美馬投手の気持ちが折れてしまったことは、その後の結果から容易に推測することができました。

 

 

 

というのも、完全試合の達成ならずとも、ノーヒットノーランの達成は残されていたのですが、次の打者にヒットを打たれ、残念ながらノーヒットノーランならず。

 

 

 

さらにあと一つのアウトで完封・・というところで、タイムリーヒットを許し、勝利したものの完封にもなりませんでした。

 

 

8回までパーフェクトでありながら、最後の1回で記録を強く意識したために、自分の中で何かが変わってしまったと思いますし、記録達成が出来なくなった瞬間に張りつめていた気持ちが折れてしまったんでしょうね。

 

 

相手方の戦力が9回になって急に変わったわけでもないのに結果が全く変わってしまったのは、美馬選手ご本人の気持ちなのかもしれません。

 

 

自分の気持ちをコントロールする難しさ、気持ちと結果の因果関係について考えさせられた試合でした。

 


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください
Pocket
Facebook にシェア


事業承継・相続・登記全般相談可能神奈川全域相談可能

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30
メール無料相談はここをクリック 24時間受付