神奈川県で事業承継・空き家問題・相続手続き・登記・遺言書作成でお困りの方は中村好孝司法書士事務所へ

中村好孝司法書士事務所

お問合せ・ご相談無料ダイヤル

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30

ご相談は30分無料!

所長ブログ

TOP >  平成最後の・・・!     相模大野の司法書士からのアドバイス

平成最後の・・・!     相模大野の司法書士からのアドバイス

2018 / 12 / 25 / 火


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください

 

 

 

これから追い込みです・・・・

 

 

クリスマスの25日が過ぎると、街の空気が一変し、年末年始モードに突入します。毎年25日と26日の間は、たった1日の違いなのですが、目に見えない節目があるような気がします。

 

 

これから仕事納めまでの間、年末の急ぎの仕事をこなしながら、年賀状の準備に追われる・・というのもこの時期ならではの光景となっています。

 

 

ところが最近、終活がクローズアップされるようになってから、新年の挨拶と同時に来年からは挨拶を辞退したいという文章を添えた、「終活年賀状」を送る方が増えているようです。

 

 

私も、今年の元旦に数枚そのような年賀状を受け取りました。頻繁にお会いできない方とは、年賀状の交換でお互いの無事を確認する意味もありますので、少し残念な気がしますが、高齢となって数十枚、数百枚の年賀状と出すというのも大変な作業ですからお気持ちはよくわかります。

 

 

しかも、来年は「平成最後の年賀状」となるので、時代の区切りということで、例年より終活年賀状を出す方が多くなるかもしれません。

 

 

ちなみに、年賀ハガキの発行枚数も2003年の「44億5936枚」をピークに毎年右肩下がりで減少し、2019年用の年賀ハガキは「24億21万2000枚」まで発行枚数が減少してしまっています。

 

 

年賀状をハガキで出すという習慣が、将来なくなってしまうかもしれませんね・・・。


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください
Pocket
Facebook にシェア


事業承継・相続・登記全般相談 30 分 無料 神奈川全域相談可

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30
メール無料相談はここをクリック 24時間受付