神奈川県で事業承継・空き家問題・相続手続き・登記・遺言書作成でお困りの方は中村好孝司法書士事務所へ

中村好孝司法書士事務所

ご相談ダイヤル

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30

ご相談は電話かメールで!

所長ブログ

TOP >  人からクルマへ・・・・!  相模大野の司法書士からのアドバイス

人からクルマへ・・・・!  相模大野の司法書士からのアドバイス

2017 / 07 / 12 / 水


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください

 

 

運転の主体が変わります・・・・

 

以前、環境変化に対応しましょう!その2 のブログで自動運転のことについて書きました。

 

自動運転のレベルには、レベル0からレベル5までにわかれております。

 

レベル0からレベル2までは運転の主体は人、レベル3からレベル5についての運転の主体は車となるため、事故があった際の責任もレベル2までは「人」レベル3以降は「車(自動車メーカー)」が責任を負担することになるものと思われます。

 

国内の自動運転システムは、あくまでも人が主体であり、アシストの役割として機能しているレベル2までとなっております。以前のブログで、世界で初めてアウディからレベル3、つまり、運転の主体が車である自動車が発売されるかも・・・と書いたのですが、今日の新聞で今年の秋に「A8」という車種にレベル3のシステムが搭載され、発売されることが昨日発表されたようです。

 

当面は、自動運転機能を使える条件は限られるようですが、今後、安全性の確認や国によるルールが確立するようになれば、機能の制限も解除されて、自動運転の流れが加速していくものと思われます。

 

レベル2の壁を破り、レベル3の技術を搭載した車を販売するということが、今後、自動車メーカーにとってはリスクとなるのか、それとも新たな市場をつくることになるのか、果たしてどちらになるのでしょうか?


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください
Pocket
Facebook にシェア


事業承継・相続・登記全般相談可能神奈川全域相談可能

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30
メール無料相談はここをクリック 24時間受付