神奈川県で事業承継・空き家問題・相続手続き・登記・遺言書作成でお困りの方は中村好孝司法書士事務所へ

中村好孝司法書士事務所

お問合せ・ご相談無料ダイヤル

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30

ご相談は30分無料!

所長ブログ

TOP >  本人確認あれこれ・・・・・!     相模大野の司法書士からのアドバイス

本人確認あれこれ・・・・・!     相模大野の司法書士からのアドバイス

2017 / 11 / 19 / 日


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください

 

 

 

 

 

 

 

悩ましい問題です・・・・・・・

 

 

 

私たちが、不動産取引で気を使うことの一つに「本人確認」の問題があげられます。積水ハウスやアパホテルなどの大企業が、事業用地を購入する際、売主に成りすました犯人によって決済を行ってしまい、多額の損害を被ったことは記憶に新しいと思います。

 

私たちも本人確認として、運転免許証、パスポートなどの身分証明書を確認することは当然行っておりますが、精巧に偽造をされてしまえば、いつ成りすましによる事件に巻き込まれても不思議ではありません。

 

不動産の所有権を移転する手続きには、権利証(登記識別情報)・印鑑証明書・実印の委任状が必要であり、身分証明書以外の書類も精査して総合的に問題ないか判断することとなりますが、それらの書類もたいてい偽造や不正な方法により取得されたものであることが多いため、その人が間違いなく売主であることを確認することは、私たちにとって避けて通れない問題です。

 

ネットバンクやネット通販などのネットサービスは、本人確認をIDとパスワードで行っているため、IDとパスワードさえ入力すれば、本人以外の成りすましでも取引を行うことが出来てしまいます。

 

よって、ハッキングされたり個人情報の流出に伴って、IDとパスワードが他人の手に渡ってしまうと、不正利用が行われてしまうこととなり、不動産取引と同様、本人確認の問題は切実だと思います。

 

最近発売された iPhone Xでは、本人確認に顔認証の技術が使われておりますし、銀行でも暗証番号ではなく、指紋認証を本人確認の方法としているところもあったりと、技術の進歩に伴い本人確認の方法も多様化しております。 

 

また、最近では、「ライフスタイル認証」と呼ばれる技術が研究されているようです。

 

スマホは個人の日常行動が毎日蓄積されていきます。通勤時間や勤務時間、スマホでのショッピング履歴やネット検索の履歴、位置情報などの蓄積によって本人を特定し、普段の行動と同じであればパスワードの入力なくしてサービスを利用することができ、複数のパスワードの管理の煩わしさから解放され、生活の請うどづパターンの癖がパスワード代わりになるため、第三者の不正利用を防ぐことができるようになるそうです。

 

日本でも犬などのペットが、固体識別のためにマイクロチップを埋め込む飼い主が多くなっているようですし、スウェーデンでは、究極の本人確認としてマイクロチップを埋めている人もいるそうです!

 

どこまでやっても完璧とは言えませんし、やり過ぎでもプライバシー侵害の問題が出てきますし・・・。

 

常に不正とのいたちごっごとなる本人確認は、本当に悩ましい問題です。

 

 

 

 

 

 


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください
Pocket
Facebook にシェア


事業承継・相続・登記全般相談 30 分 無料 神奈川全域相談可

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30
メール無料相談はここをクリック 24時間受付