神奈川県で事業承継・空き家問題・相続手続き・登記・遺言書作成でお困りの方は中村好孝司法書士事務所へ

中村好孝司法書士事務所

お問合せ・ご相談無料ダイヤル

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30

ご相談は30分無料!

所長ブログ

TOP >  神の領域・・・・!       相模大野の司法書士からのアドバイス

神の領域・・・・!       相模大野の司法書士からのアドバイス

2017 / 10 / 12 / 木


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください

 

間近で見ることができました・・・・・・ 

 

 昨日は、普段お世話になっている方からロンドン・フィルハーモニー管弦楽団のクラシックコンサートにご招待していただき、4名で上野動物園そばの東京文化会館に行ってきました。

 

S席の前の方の真ん中という絶好のポジションで鑑賞できたおかげで、管弦楽団による迫力ある演奏も素晴らしかったのですが、会場が一番感動に包まれたのは、辻井伸行さんのピアノでした。

 

テレビで、盲目のハンデを追いながらピアニストをされているということは知っていたのですが、実際に目の前でのピアノ演奏を聴いて今まで感じたことのないような感動を味わうことが出来ました。

 

舞台の袖から登場される際も、目が見えないため指揮者に腕を組んでもらいながら、演奏するグランドピアノに向かっていかれます。着席し、一呼吸置いてから体全体でリズムを取りながら、力強く鍵盤を縦横無尽に叩いていきます。

 

今回演奏されたのは、ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番ハ短調作品18番」 第1楽章から第3楽章でした。ピアノのリズムのテンポがはやい曲なため、間近ですばやく動く指使いをじっくりと見ることもできました。

 

私も幼稚園から中学生までピアノをしていた時期がありました。当時は、一目楽譜を見ると指が勝手に動くという状態にまで毎日練習をしておりました。(やめてから一度もピアノを弾いていないので、現在は楽譜を読むこともできないと思いますが・・・)

 

辻井さんは、生まれつき盲目ですから私と違って楽譜を見て練習をしたわけではありません。耳を研ぎ澄ませて音を一つ一つ丁寧に聞き分けていき、ピアノに再現していくということを繰り返し行ってきた積み重ねで、目が見えなくても鍵盤の位置を正確に把握し、一度音を聴くだけで頭の中に音符が無意識のうちに描かれていくのではとないかと思います。

 

一流とかプロとかそんなレベルでなく、まさに神の領域と言ってもいいのではと思います。魂が鍵盤に乗り移っていく瞬間を見ることができました!


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください
Pocket
Facebook にシェア


事業承継・相続・登記全般相談 30 分 無料 神奈川全域相談可

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30
メール無料相談はここをクリック 24時間受付