神奈川県で事業承継・空き家問題・相続手続き・登記・遺言書作成でお困りの方は中村好孝司法書士事務所へ

中村好孝司法書士事務所

お問合せ・ご相談無料ダイヤル

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30

ご相談は30分無料!

所長ブログ

TOP >  ご自身で感謝の気持ちを・・・・!      相模大野の司法書士からのアドバイス

ご自身で感謝の気持ちを・・・・!      相模大野の司法書士からのアドバイス

2018 / 05 / 31 / 木


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください

 

 

 

究極の終活です・・・・

 

先ほどネットのニュースである方の訃報を知りました。

 

ある方とは、元コマツの社長をされていた安崎暁さんです。

 

安崎さんは、生前、新聞に感謝の会という生前葬のお知らせを掲載して話題となられた方です。

 

 

 

ご自身の意思で延命措置を行わないことを表明されたり、闘病中でしかもご自身の余命がわかっている中で、周りの方へ感謝の気持ちを伝えることは、なかなかできることではありません。

 

訃報というのは突然知らされて、当たり前のことですが、その葬儀に参列する時には、本人はこの世に存在せず、無言の対面となるわけです。

 

また、芸能人の葬儀をテレビで見ていると、遺影に向かっていろいろと語りかけられている場面が映りますが、その周りの方の思いも本人が受け取ることはできません。

 

そうだとすると、生前にお世話になった方に直接感謝の言葉を伝えることができ、自分の人生を振り返ってその方たちを語らいができることのできる生前葬は、本当の意味で、最期まで自分らしくいられる究極の終活だと感じました。

 

時代背景や価値観の多様化によって、葬儀についての考えも人それぞれとなっています。もしかすると、終活が広まってくることによって、生前葬が一般的になる時が来るかもしれませんね。

 


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください
Pocket
Facebook にシェア


事業承継・相続・登記全般相談 30 分 無料 神奈川全域相談可

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30
メール無料相談はここをクリック 24時間受付