神奈川県で事業承継・空き家問題・相続手続き・登記・遺言書作成でお困りの方は中村好孝司法書士事務所へ

中村好孝司法書士事務所

ご相談ダイヤル

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30

ご相談は電話かメールで!

所長ブログ

TOP >  休廃業の動向・・・!     相模大野の司法書士からのアドバイス

休廃業の動向・・・!     相模大野の司法書士からのアドバイス

2019 / 01 / 21 / 月


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください

 

 

 

早めの対応をぜひご検討ください・・・・

 

 

本日、東京商工リサーチのHPで、2018年度の休廃業・解散企業のデータが掲載されておりました。

 

それによりますと・・・・

 

 

倒産件数は毎年減少しているものの、休廃業・解散の件数は2014年と2017年以外は増加傾向にあります。2018年においては、昨年比14.21%増の「4万6724社」が休廃業・解散しております。

 

 

ちなみに、休廃業・解散した時点での代表者の年齢についてのデータも掲載されておりました。

 

 

上記によると、60代以上の代表者が「84%」も占めており、経営者が高齢に伴う事業承継や事業譲渡などの対策をせずに、廃業等に至っている現状がデータにもあらわれています。

 

ちょうど、週末も高齢の経営者の方とお話をする機会があったので、事業承継などの対策をしないことのデメリットなどをお話したのですが、「オリンピックが終わったら考えます・・・」とまだどこか他人事として捉えられていらっしゃった印象を受けたのですが、一方で元号が変わるとかオリンピックが開催されるとか、何かの節目に決断をされようとしている経営者の方も多いのかもしれませんね。

 

 

今年は平成最後となりますから、来年のデータに何らしかの影響がでるのか検証してみたいと思います。

 


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください
Pocket
Facebook にシェア


事業承継・相続・登記全般相談可能神奈川全域相談可能

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30
メール無料相談はここをクリック 24時間受付