神奈川県で事業承継・空き家問題・相続手続き・登記・遺言書作成でお困りの方は中村好孝司法書士事務所へ

中村好孝司法書士事務所

お問合せ・ご相談無料ダイヤル

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30

ご相談は30分無料!

所長ブログ

TOP >  株式会社ではありません・・・!      相模大野の司法書士からのアドバイス

株式会社ではありません・・・!      相模大野の司法書士からのアドバイス

2018 / 10 / 30 / 火


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください

 

実は上場しています・・・

 

10月は株式相場が乱高下した中、日銀によるETFの株式買い支えの金額も月間ベースでは最高となり、年間買入額の「6兆円」を超してしまうのではないかとの報道もされています。

 

 

日銀の正式名称はご承知のとおり、「日本銀行」です。銀行の銀行としての役割を担っていますが、メガバンクのように組織は株式会社ではなく、日本銀行法第6条で認められた特別な認可法人です。

 

 

平成30年10月20日付けの最新のデータによると、日銀の資産は「549兆460億7472万7000円」となっており、国内のGDPに匹敵する数字となっておりますが、資本金はいくらだと思いますか?

 

 

これについて、日本銀行法で下記のように定められております。


(資本金)
第八条 日本銀行の資本金は、政府及び政府以外の者からの出資による一億円とする。
2 前項の日本銀行の資本金のうち政府からの出資の額は、五千五百万円を下回ってはならない。

 


 

上記のとおり、日本銀行の資本金は「1億円」と定められており、そのうち政府が5500万円以上を出資しなければならないということになっております。

(ちなみに、出資1口の金額は100円と同じく法律で定められており、登記もされております)

 

 

 

昨年の日本銀行の業務概況書に、その1億円の資本金を誰が出資しているかが記載されておりまして、下記のとおりとなっています。

 

 

 

 


 

日本銀行法のとおり、政府が5500万円以上である「5500万8000円」を出資しており、残り45%は民間等からの出資となっています。

 

その45%の大半をしめる40%は個人が資していることになっているのですが、誰が出資しているのでしょうか?

 

実は日本銀行は、株式市場(ジャスダック)に上場しており、売買がされております。といっても、日々あまり取引がされていないようで、本日の取引も1日でたった200口しか売買がされていません。

 

また、上場していると言っても、株式会社ではないので、売買する対象は株式ではなく出資証券ということになります。

 

この出資証券の特徴は、株主総会に相当する出資者総会がないため、出資者に対しては、議決権を行使するなどの経営参加権が認められておりません。

 

また、出資者への配当は、払込出資金額に対し年5%以内に制限されているほか、配当率の決定には財務大臣の認可が必要となります。

 

最低単位の100口を購入するのに400万円以上の資金が必要なので、日本の経済を支えている日本銀行の出資者となるのは、私にとっては夢のまた夢の話のようです・・・(笑)

 


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください
Pocket
Facebook にシェア


事業承継・相続・登記全般相談 30 分 無料 神奈川全域相談可

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30
メール無料相談はここをクリック 24時間受付