神奈川県で事業承継・空き家問題・相続手続き・登記・遺言書作成でお困りの方は中村好孝司法書士事務所へ

中村好孝司法書士事務所

ご相談ダイヤル

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30

ご相談は電話かメールで!

所長ブログ

TOP >  老後の生活資金・・・!   相模大野の司法書士からのアドバイス

老後の生活資金・・・!   相模大野の司法書士からのアドバイス

2017 / 07 / 30 / 日


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください

 

 

リバースモーゲージ・・・・

 

 

・年金だけで生活していくのは不安

・充実したセカンドライフを送りたい

・自宅をバリアフリーにリフォームしたい

・老人ホームの入居一時金を捻出したい

 

などなど、老後に資金が必要となった場合でも、将来のことを考えて、できる限り手元に財産を残しておきたいと思うこともありますよね。

 

例えば、万一の場合に備えて手元の預貯金には手をつけたくないとか、終の棲家である自宅を売却したくはないとお考えになられている方も多いのではないかと思います。

 

そのような場合、「リバースモーゲージ」というシニア層向けの融資制度を活用する方法があります。

 

簡単にいうと、自宅を担保にして金融機関から借入れをすることなのですが、通常の住宅ローンは、最初に資金を借りて毎月返済して借入額が減少するのに対し、リバースモーゲージは、必要なときに借り入れを行うことで借入額が増加し、お亡くなりになったときに自宅を処分することで、その代金から一括して返済します。

 

手元資金が少なくても、持ち家がある場合は、この仕組みを利用することで、必要なときに資金を借りることができるうえに、お亡くなりになるまで自宅に住み続けることが可能となります。資金使途も「生活資金」だけではなく、金融機関によって異なりますが、趣味や海外旅行の費用、リフォーム資金などにも利用することができます。

 

このリバースモーゲージは、扱える対象の地域が限定されていたり、推定相続人の同意が必要など、金融機関によってそれぞれ制限もあり、まだまだ一般的には利用されていない制度なのですが、今後寿命100年時代の到来が想定されるなど、超高齢で長寿化していく現状を考えると、老後の自宅の有効活用の手段として広がっていくかもしれません。

 

また、自分が亡き後、返済のために自宅が処分されていくことにもなりますので、近年問題となっている空き家問題の減少にも寄与するのではないかと思います。

 

最近では、自宅だけでなく、アパートなどの賃貸住宅を担保に資金を貸してくれる金融機関もあります。例えば、相続財産がアパートが1棟しかなく、アパートを相続した相続人が、他の相続人に対して代償金を支払わなければならなくなった場合に、賃貸物件型のリバースモーゲージを活用することで、アパートを手放すことなく資金を調達することができ、相続問題も解決することができます。

 

老後の生活資金が不安だと感じられていらっしゃる方や自分が亡くなった後に自宅を処分してもらいたいとお考えの方は、「リバースモーゲージ」の活用を検討されてみてはいかがでしょうか?

 

 


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください
Pocket
Facebook にシェア


事業承継・相続・登記全般相談可能神奈川全域相談可能

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30
メール無料相談はここをクリック 24時間受付