神奈川県で事業承継・空き家問題・相続手続き・登記・遺言書作成でお困りの方は中村好孝司法書士事務所へ

中村好孝司法書士事務所

お問合せ・ご相談無料ダイヤル

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30

ご相談は30分無料!

所長ブログ

TOP >  生前にはできません・・・!     相模大野の司法書士からのアドバイス

生前にはできません・・・!     相模大野の司法書士からのアドバイス

2019 / 03 / 17 / 日


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください

 

 

念書があったとしても・・・・

 

 

親が亡くなった場合に、自分は相続をするつもりがないので生前に相続放棄をしたいというお客様からの相談がありました。

 

 

お話をお伺いしたところ、病気を患っており、もしかしたら親よりも先に亡くなってしまうかもしれないとのこと。

 

 

将来の親の介護は、ご自身が闘病生活のために他の兄弟に負担をかけざるを得ないことや、自分が亡くなった後に、自分の兄弟と自分の子どもの間で相続争いが起きることを避けたいので、相続の権利は自分の兄弟に相続して欲しいとのことでした。

 

 

ネットで情報を検索し、相続放棄に関することを調べたので、生前に自分が相続しないように対処しておきたいというご希望でした。

 

 

実は、「生前に相続放棄をしたい」「念書を書かせて相続放棄をさせたい」というご相談をいただくことがありますが、相続放棄は相続が発生後にしか手続きを行うことができません。つまり、今回のケースでいうなら、親が亡くなった後でないとダメということです。

 

 

また、家庭裁判所に相続放棄をする旨の申立てを行う必要があるため、本人から念書をもらったとしても相続放棄の効力が生じることがありません。

 

 

似たようなものとして、「遺留分の放棄」は生前に行うことができるので、おそらくネットで検索した時にそのことと混同されたものと思います。

 

 

上記にも書きましたが、生前の相続放棄や念書を書かせることで相続放棄がさせることができる・・・と思われている方もいらっしゃいますので、くれぐれもお間違えのないようにご注意ください!

 


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください
Pocket
Facebook にシェア


事業承継・相続・登記全般相談 30 分 無料 神奈川全域相談可

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30
メール無料相談はここをクリック 24時間受付