神奈川県で事業承継・空き家問題・相続手続き・登記・遺言書作成でお困りの方は中村好孝司法書士事務所へ

中村好孝司法書士事務所

お問合せ・ご相談無料ダイヤル

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30

ご相談は30分無料!

所長ブログ

TOP >  そんな時代もありました・・・!     相模大野の司法書士からのアドバイス

そんな時代もありました・・・!     相模大野の司法書士からのアドバイス

2018 / 12 / 09 / 日


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください

 

 

 

 

ポケベルのサービス終了・・・

 

 

 

昨日はパイオニアの買収のことについて書きました。確か大学生時代だったと思いますが、カーナビやオーディア機器のブランドとして確固たる地位を築いていて、パイオニア製品を何度か購入したことがあっただけに、時代の変化に対応していくことの難しさを感じます。

 

 

時代の変化で最近気になったのが、携帯電話が私たちの身近な存在となる前に活躍していた「ポケベル」です。

 

 

 

国武万理さんが歌っていた懐かしい曲である「ポケベルが鳴らなくて」のタイトルにも使われたように、一時期は通信手段として多くの方に利用されておりました。

 

 

かくいう私も、司法書士事務所でアルバイトしていた時にポケベルを持たされて、何か事務所から伝えたいことがあると、ポケベルから独特の「ピー、ピー!」という音がなって、慌てて近くの公衆電話に駆け込んだことを今でも覚えています。

 

 

最盛期には契約者数が1000万台を超えていたようですが、ここ10年以上ポケベルを使っている人を見る機会もなかったので、自然消滅しているものと思っておりました・・・。

 

 

ところが先日、来年の9月末日をもってポケベルのサービスが終了するというニュースを見て驚きました!

 

 

まだ、サービスを提供していた会社があったんですね。

 

 

ちなみに唯一ポケベルのサービスを提供していたのが、東京テレメッセージ株式会社。

 

 

端末は20年以上前に製造を中止していながら、利用者がいるということで今までサービスを提供し続けてこられたようです。

 

 

しかも、1500名弱の利用者のためだけに・・・。

 

 

ポケベルは携帯では電波の届かない場所でも受信できるため、主に医療関係者が使ってきたとのことですが、今後はその特性を活かして地方自治体向けの防災無線の無線呼出などにリソースを投入していくようです。

 

 

ポケベル→ガラケー→スマホと時代の変化と共に通信手段も変わってきています。スマホもあと数十年経つと、ポケベルと同じ運命を辿っていくことになっていくのでしょうか?


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください
Pocket
Facebook にシェア


事業承継・相続・登記全般相談 30 分 無料 神奈川全域相談可

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30
メール無料相談はここをクリック 24時間受付