神奈川県で事業承継・空き家問題・相続手続き・登記・遺言書作成でお困りの方は中村好孝司法書士事務所へ

中村好孝司法書士事務所

お問合せ・ご相談無料ダイヤル

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30

ご相談は30分無料!

所長ブログ

TOP >  時間の経過とともに・・・!     相模大野の司法書士からのアドバイス

時間の経過とともに・・・!     相模大野の司法書士からのアドバイス

2019 / 01 / 09 / 水


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください

 

 

 

モノで溢れてしまわないよう・・・・

 

 

年末の大掃除のタイミングで、思いきって不要なモノを断捨離された方も多いのではないかと思います。かく言う我が家もモノで溢れていたので、ここぞとばかりビニール袋にモノを詰め込み、整理整頓をしました。

 

 

エントロピー増大の法則といって、何事も秩序ある状態から時間の経過とともに乱雑な状態へと変化する法則があるようなのですが、毎回断捨離して綺麗にしたとしても、何も意識していなければいつの間にか、再びモノに囲まれる状況に陥ってしまいます。

 

 

自然と秩序→乱雑になることはあっても、乱雑→秩序ある状態になることはないので、やはり日々秩序を保つ意識をしていく必要があるんでしょうね。

 

 

ということで、今年はちょっとしたことでもその場で片付けることを意識するようにしました。例えば、自宅に帰宅したらすぐに革靴にブラッシングしてゲタ箱に収納するとか、脱いだスーツもすぐにハンガーにかけるとか、読んだ新聞をすぐ片付けるなどなど、小さいことでもその場で整理整頓しておくことにチャレンジしています。

 

 

1カ所でも片付いていない場所があると、秩序を保つという意識が低下し、整理整頓されていない状況に感覚が慣れてしまいますよね。例えが良くないかもしれませんが、ホテルのトイレと公衆便所の汚れ具合の違いにもそんな意識の差が表れてくるのかもしれません。

 

 

ちなみに、モノが溜まってしまう原因として、「これはいつか使うだろう」とか「これは〇〇さんにもらったものだから」とか、実際には1年を通して1度も使う機会がなかったものを溜め込んでしまっていることがあります。

 

 

昨年断捨離したモノの中にもやはり、いつか使うだろうと思って結局数年使っていないものがかなりあり、一度モノを所有するとどうしてもモノに執着して捨てられないという悪循環に改めて気付いたので、不要なモノを増やさず家に持ち込まない・・・という意識を持つことも必要だと感じました。

 

 

やはりモノで溢れているより、整理整頓されたシンプルな環境で過ごす方が精神的にも落ち着きますね。よって、今年はエントロピー増大の法則に逆らうように、一日一善ではありませんが、「一日一捨」で、ちょっとしたことから意識してみようかと思います!

 


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください
Pocket
Facebook にシェア


事業承継・相続・登記全般相談 30 分 無料 神奈川全域相談可

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30
メール無料相談はここをクリック 24時間受付