神奈川県で事業承継・空き家問題・相続手続き・登記・遺言書作成でお困りの方は中村好孝司法書士事務所へ

中村好孝司法書士事務所

ご相談ダイヤル

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30

ご相談は電話かメールで!

所長ブログ

TOP >  実行計画の内容・・・!   相模大野の司法書士からのアドバイス

実行計画の内容・・・!   相模大野の司法書士からのアドバイス

2019 / 11 / 22 / 金


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください

 

 

 

添付書類が省略できるようになります・・・・

 

 

11月18日に内閣官房IT総合戦略室が作成した、新たなデジタル・ガバメント実行計画案の概要が公表されておりました。

 

 

行政のあらゆるサービスが最初から最後までデジタルで完結される行政サービスの100%デジタル化を図るとともに、社会全体をデジタル化することを目標としているようで、行政主導によるデジタル化が加速していくことが予想されます。

 

 

また、手続きについてもオンライン化をすすめる目標で、手続きの9割においてオンライン化の実現を予定しているようです。

 

 

さらに、行政機関の情報連携の仕組みを整備することで、今まで各手続きにおいて必要となっていた登記事項証明書が令和2年度以降から、戸籍が令和5年度以降から、添付省略ができるようになるようですし、子育て、介護、引越し、死亡・相続など、今までいろんな窓口で行っていた手続きも、ワンストップサービスでおこなわれるようになっていくようです。

 

 

これらを実現していくにあたり、マイナンバーカードが、今のスマホのように国民一人一人が必ず持って利用されるよう、普及されていくものだと思いますが、デジタル化の過程において、私たちの情報がどのように管理されていくのか、情報の一元化のデメリットも気になるところですね。

 

 

 

 


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください
Pocket
Facebook にシェア


事業承継・相続・登記全般相談可能神奈川全域相談可能

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30
メール無料相談はここをクリック 24時間受付