神奈川県で事業承継・空き家問題・相続手続き・登記・遺言書作成でお困りの方は中村好孝司法書士事務所へ

中村好孝司法書士事務所

お問合せ・ご相談無料ダイヤル

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30

ご相談は30分無料!

所長ブログ

TOP >  情報ビジネスの裏側・・・!      相模大野の司法書士からのアドバイス

情報ビジネスの裏側・・・!      相模大野の司法書士からのアドバイス

2018 / 09 / 01 / 土


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください

 

 

 

あらゆるデータを分析・・

 

昨日、りそな銀行が決済端末を無償提供することで、購買データを取得し、その蓄積した情報を活用する「情報ビジネス」へ参入することについて書きました。

 

 

今日は、ビッグデータである購買データを収集し、そのデータをAIによって分析するシステムを開発している会社さんから話を聞く機会がありました。

 

 

有名なチェーン店の販促システムとして導入されている実際のシステムを見ることが出来たのですが、各社が競って情報ビジネスで主導権を握ろうとしている現状がよくわかりました。

 

 

今まで何を購入してきたのかの蓄積データにはじまり、セットで購入する商品は何か、購入する頻度はどれくらいか、購入する商品の価格帯などの詳細な記録に基づき、AIが分析した結果が一覧となって出てきます。

 

 

店舗においてスタッフの方は、タブレット端末を利用することで、お客様の接客時にそのデータを活用することが出来ます。

 

 

何を提案すればお客様が商品を購入してくれるかがデータに基づきわかるようになっているので、このシステムを導入してから、販売に全くなれていない新人のスタッフであったとしても、2割も売上があがったとのことです。

 

 

蓄積されたデータを利用し、「自分以上に自分のことを知っている」店員が接客するのですから、商品が売れるのも当然ですね。

 

 

この販促システムに「顔認識」の技術を搭載することで、高額購入者であるお客様が来店された場合にアラートを表示したり、店内にいるお客様の優先順位が表示されたり・・・なんてことも、将来的にはなっていくのかもしれませんね。

 

 

まさに、「ビッグデータは現代の石油」と言われていることを目の当たりにした瞬間でした。

 


お困りなことがございましたら、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください
Pocket
Facebook にシェア


事業承継・相続・登記全般相談 30 分 無料 神奈川全域相談可

042-740-9660

平日受付 8:30 ~ 17:30
メール無料相談はここをクリック 24時間受付